無料問診相談お申込み

SLEの症状

◆◆SLEの症状◆◆

SLE

初期症状:全身症状(発熱、倦怠感、体重減少)

皮膚症状(顔面蝶形紅斑、全身の発疹)

粘膜症状(口腔内潰瘍)

関節症状(関節リウマチと同じく中手指節、近位指節関節に起こりますが、骨の破壊がないことが多い。)

内臓症状

腎臓症状

*腎臓症状
・腎臓の糸球体(ろ過装置)に慢性炎症が起こります。ループス腎炎(糸球体腎炎)とよばれます。最初は尿にタンパクや潜血が出ますが、炎症が進行すると、 腎不全となります。
*心肺症状
・心臓や肺を包む膜(漿膜)に慢性炎症が起こります。この膜には痛覚を鋭敏に察知する神経があるため、心臓や肺に激痛を感じます。炎症に伴って、肺や心臓 の周囲に水が溜まります。炎症が拡大すると、心臓や肺そのものも炎症が起こります(心筋炎、肺臓炎)。
* 消化器症状
・腹部の内臓を包む膜(漿膜)に慢性炎症が起こります。腹水が溜まったり、タンパクがお腹に漏れ出します(タンパク漏出性胃腸炎)。腹部の血管に炎症が起これば、腸の動きが悪くなる腸閉塞症となります。また、肝炎が起こることもあります。
* 中枢神経症状
・痙攣発作。精神症状がでます。
・髄膜に炎症が拡大すると髄膜炎。
・脳の血管に炎症が拡大すると脳梗塞、脳出血(抗リン脂質抗体陽性の人は脳血栓が起こりやすい)。
* 血液症状
・白血球・血小板減少症・貧血が起こります(II型アレルギー反応)。
貧血は自己免疫性溶血で自己抗体が赤血球に反応することで破壊されます。
血小板減少症も自己抗体が血小板に反応することで破壊されます。これは特発性血小板減少症と同じです。
白血球減少症も自己抗体が白血球に反応することで破壊されます。

無料問診相談お申込み
  • 崎谷医師(医学博士)の無料問診相談
  • ご相談内容を厳選し選考の上、ご返答させて頂きます。

お申込みはこちら⇒