無料問診相談お申込み

SLE(全身性エリテマトーデス)ニュース(3)


全身性エリテマトーデスの新薬が米で優先審査対象に

英グラクソ・スミスクライン(GSK)は19日、米ヒューマン・ゲノム・サイエンシズ (HGS)と共同開発する全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬ベリムマブが、米食品医薬品局(FDA)の優先審査対象になったと発表しました。年内にも審査結果が明らかになる見通しのようです。

ベリムマブは抗BLySモノクローナル抗体で、全身性エリテマトーデス(SLE)の原因とされるB細胞活性化因子「BLyS」の過剰発現を抑制する作用があるという。両社は今年6月に欧米で承認申請、処方箋薬ユーザー・フィー法(PDUFA)により米国での審査期限が12月9日に設定されました。

同剤は承認されれば、米国で約半世紀ぶりのSLE治療の新薬となるようです。B細胞活性化因子を抑制するのですから、感染症などの副作用は必発ですね。画一的に大量生産される医薬品が全身性エリテマトーデス(SLE)個々の人々に丁度よい程度にB細胞活性化因子を抑制することは期待できません。

効果および有害事象(副作用)の報告を待ってみましょう。


ニュース目次へ
無料問診相談お申込み
  • 崎谷医師(医学博士・臨床心理士)の無料問診相談
  • ご相談内容を厳選し選考の上、ご返答させて頂きます。

お申込みはこちら⇒

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。