本文へジャンプ

自律神経失調症の症状


自律神経失調症の症状は、一般に「のぼせる、イライラする、頭が重い、手足がしびれる」などの訴えがよくありますが、人によってかなり違います。

これは、個人の遺伝的体質や環境の違いによるものです。

ここでは理解のために自律神経失調症の症状と関連疾患を臓器別に分けてみましょう。

症状 関連疾患
頭部 頭重感、 のぼせ、 めまい、 頭痛 、ふらつき、 顔面紅潮 偏頭痛、メニエール病、起立性低血圧など
かすみ、 ドライアイ、 眼精疲労 シェーグレン症候群、網膜症など
耳鳴り、 幻聴、 耳閉塞、 難聴 突発性難聴、統合失調症など
口、のど 異物感、 詰まり感、 味覚異常 咽喉頭異物感症、シェーグレン症候群など
心臓、血管系 動悸、 息切れ、 不整脈、 冷え 、血圧の変動、 胸痛 心臓神経症、不整脈、狭心症など
呼吸器系 息苦しい、 酸欠感 過呼吸症候群、気管支喘息など

  • 無料問診相談申込み
  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み
  • ※ご相談内容を厳選して選考の上、ご返答させて頂きます。
  • お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

ページトップへ