本文へジャンプ

アンチエイジング:老化の各論1

大半の人は人間の最長寿命である120歳まで生きられず、老齢そのものよりも老年病で死にます。

その老年病を具体的に挙げてみましょう。

  • 認知症(脳委縮、アルツハイマー病、ピック病、パーキンソン病、ハチントン舞踏病
  • 心臓血管疾患(心筋梗塞、慢性心不全)
  • 白内障
  • 筋肉萎縮
  • 骨粗鬆症
  • 糖尿病
  • 成人発症の膠原病、自己免疫疾患などの慢性炎症

などです。これらの老化・老年病に人生の早期から罹り、早くも40歳代で死亡する早老症があります。これをウェルナー症候群症候群といい、20代で白髪となります。

以上はアンチエイジング・老化防止を考えるうえでは非常に示唆に富む病態と考えられます。これらの病態をつきつめることでアンチエイジング・老化防止の効果的な方法が得られるのです。

無料問診相談申込み

  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み
  • (ご相談内容を厳選して、選考の上ご返答させて頂きます。)
  • お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

ページトップへ