本文へジャンプ

片頭痛(偏頭痛)とは?


脳神経外科専門医・臨床心理士のア谷博征と申します。片頭痛(偏頭痛)は、日本で800万人を超える罹患率があるといわれていますが、痛みを我慢することで病院に受診されない人がおられることを考えると潜在的にはかなり多い疾患といえます。

15〜45歳くらいまでの女性に多く、発作が起こると1日〜3日間くらい続くこともあります。片頭痛(偏頭痛)は、血管性頭痛であり、血管の拡張に伴って起こる血管痛ですので、とても我慢のできないほどの痛みです。

古典的には頭痛の前に目がチカチカするなどの前兆がある人がいますが、ほとんどの例では、一定の前兆なく突然起こるようです。片頭痛(偏頭痛)発作に対する不安感が強いと日常生活に多大な影響がおきますので、痛み止めなどの対処療法でなく、根本的に治癒させることが皆さまの人生を実りあるものにする最善の方法です。

片頭痛(偏頭痛)を防ぐためにはどのような方法を選択すればよいのか?

当研究所には、片頭痛を強い副作用のある医薬品を常用せずに、根本的に治したいという理由で以下のような皆様からお問い合わせをたくさん頂いております。

  1. 鎮痛剤で胃が荒れ、新薬を飲むと吐き気がする。
  2. 根本的な原因を知りたい
  3. 片頭痛(偏頭痛)がおこっても周囲が理解してくれない
  4. 強い医薬品の常用に不安を感じている
  5. 自然な治療で治したい
  6. 信頼できる医師を探したい
  7. 活気あふれる人生を送りたい

当研究所の『ミトコンドリア活性化療法』は、片頭痛(偏頭痛)の原因である血管に起こる慢性炎症を抑え、生活習慣を変えることで根本的に治癒していく試みを取り上げています。


  • 無料問診相談申込み
  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み
  • ※ご相談内容を厳選して選考の上、ご返答させて頂きます。
  • お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

ページトップへ