本文へジャンプ

群発頭痛の治療について2

群発頭痛の治療は、自律神経のセンターである視床下部、自律神経系の慢性炎症を止め、細胞内ミトコンドリアを活性化することに集約されます。

群発頭痛の原因となる酸化ストレスによって引き起こされる炎症反応は、感染や異物などの外因性のストレスに対しての攻撃機構として大活躍します。しかし、内因性の酸化ストレスが増加・持続するとその炎症が慢性化します。慢性炎症は自分自身の細胞も傷つけてしまいます。

ですから、酸化ストレスを減らすことも大切なのですが、一度起こってしまった慢性炎症を止める作業も必要となります。これは一度起こった火事は、その火事の原因をストップすることも大切ですが、今燃え盛っている火そのものも消さないことには、私たちの細胞が燃えつくされてしまうのと同じです。

崎谷研究所の群発頭痛治療は、

  1. 酸化ストレスを軽減し、慢性炎症をストップする(コラーゲン溶解ブロック療法)
  2. 生活習慣、環境要因を整えることで酸化ストレスに耐性をつくる。
  3. ミトコンドリア機能異常を正す(ミトコンドリア活性化療法)

この治療方針は群発頭痛のゴールデンスタンダードです。時間をかけてゆっくりと体質を改善し、慢性炎症を沈下させていくという自然治療は、副作用のない、自己治癒力を引き出す体に優しい根本治療です。

  • 無料問診相談申込み
  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み
  • ※ご相談内容を厳選して選考の上、ご返答させて頂きます。
  • お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

ページトップへ