本文へジャンプ

群発頭痛の原因について

  1. 視床下部説
    • 群発頭痛の頭痛発作時には後部の視床下部が活性化していることが、PET をもちいた研究で証明されています。また、メラトニンなどに変化がみられることからはサーカデイアンリズム(体内時計)の中枢である視床下部の異常が示唆されています。
  2. 三叉神経血管説
    • 群発頭痛発作時に三叉神経血管の活性化が認められ、群発頭痛の発作期に、頸静脈血中の炎症性ニューロペプチド( CGRP, VIP) が増加していることが報告されています。
  3. 内頸動脈説
    • 内頸動脈という脳を養う最大の血管の通路である海綿静脈洞、破裂孔近傍に分布する痛覚神経が刺激されている。

以上の仮説が提唱されています。いずれも自律神経のセンターである視床下部ー血管系の異常の部分を説明しているに過ぎません。群発頭痛は、副交感神経刺激様症状を伴うことからも視床下部・自律神経系の慢性炎症、ミトコンドリアの機能異常により、末梢の血管で慢性炎症が引き起こされることが原因です。

  • 無料問診相談申込み
  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み
  • ※ご相談内容を厳選して選考の上、ご返答させて頂きます。
  • お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

ページトップへ