本文へジャンプ

口内炎の原因

  1. 細菌感染
  2. ウイルス感染
  3. 全身慢性炎症の部分症状(アフタ性口内炎)

口内炎発症の原因は、これら3つが相互作用です。いずれも慢性炎症がベースにありますが、これら慢性炎症を引き起こす原因・引き金の多くは生活習慣にあります。口内炎の原因となる活習慣をあげましょう。

  • 野菜・果物の摂取不足によるビタミン、ミネラル不足
  • 睡眠不足
  • 噛み合わせの悪さや虫歯
  • 慢性的ストレス(食事や寝ているときに噛んでいる→物理的粘膜刺激)
  • 刺激物の常食(ラウリル硫酸ナトリウムの入った歯磨き粉も含む)
  • 口呼吸をしている

以上の生活習慣に3つ以上のチェックがつけば、口内炎が定期的に再発してくるのは間違いないでしょう。また口内炎を引き起こす慢性炎症は、これ以外の重要な生活習慣によっても起こります(詳しくは崎谷医師の問診に)。

当研究所の口内炎の自然療法『コラーゲンブロック療法』は、口腔内のみならず全身の慢性炎症の拡大を防ぎ、生活習慣改善で口内炎の自然治癒をはかり、皆様の生活をより快適にするためのものです。

無料問診相談申込み

  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み
  • ※ご相談内容を厳選して選考の上、ご返答させて頂きます。
  • お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

ページトップへ